真似だけでOK!2019年版アドセンスの申請方法【Cocoon編】

こんにちは!

えっこ(@ecco_chaaaaan)です♡

つい先日、Googleアドセンスに1発合格しました!

そのGoogleアドセンスですが、申請するにあたり、わからないことが色々ありました。

  • アドセンスの申請ってどうやるの?
  • 以前は2次審査もあったけど、今の審査方法は違う・・・?
  • コードを貼り付けるって、どこに・・・?

調べると、審査になかなか通らないという書き込みをたくさん見かけました。

また、私はWordPressテーマの『Cocoon』を使っているのですが、審査用コードの貼り付け場所が、他のテーマとはちょっと違うことがわかりました。

これは、適当にやっていたら審査に落ちるかも…。

 

そこで今日は、ブログ初心者の私が実際に挑戦した「2019年版アドセンスの申請方法【Cocoon編】」を画像入りでわかりやすく説明します。

一応、真似するだけで申請出来るように詳しくまとめたつもり。

これからアドセンスの申請を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいませ♡

スポンサーリンク

まずはアドセンスのアカウントを取得しよう

Googleアドセンスのサイトから申し込みます。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google
自分の「好き」を収益に。AdSense でウェブサイトやコンテンツを収益化する方法を学びましょう。

緑色の申し込みボタン「お申し込みはこちら」をクリック。

ブログサイトのURLメールアドレスを書き込みます。

「アドセンス AdSenseの有益な情報」は、始めは「受け取る」で良いのではないかと思います。あとでいつでも停止出来ます。 好きな方を選んだら「保存して次へ」。

を選択する画面が出ます。ずーーーーっと下の方に「日本」がありました。利用規約を確認したらチェックを入れて、「アカウントの作成」をクリックします。

アカウントの作成が完了すると、すぐ次のような画面に切り替わります。

今度は審査用のコードを取得しますよ!

審査用のコードを取得しよう

次へ進む」をクリック。

支払い先住所の詳細」という画面に移ります。

アカウントの種類は、「個人」か「ビジネス」を選択します。私の場合は、起業してるわけでもなく、個人でブログを書いているので『個人』を選択しました。

あとは、自分の住んでいる場所の郵便番号、住所、名前、電話番号、都道府県を入力していきます。

名前は、特に変更しなくても大丈夫です。

必要事項をすべて入力したら、「送信」ボタンをクリック。

すると、次のような画面に切り替わります。

確認コードの取得は、お好きな方で大丈夫です。私はSMSで取得しました。

送られてきたコードを入力すると、次のような画面に。審査用のコードが発行されましたよ♪

ここで注意点が一つ。下記の画面は閉じずにそのままにしておいてください!!!

この画面は、"ブログにコードを貼ってから閉じる”と覚えておいてください。

では、コードをコピーして、ブログに審査用コードを貼り付けていきます!

ブログに審査用コードを貼り付けよう

ダッシュボードから「Cocoon設定」を選択してクリック。

Cocoon設定から「アクセス解析・認証」を選んでクリック。

下へスクロールすると、「その他のアクセス解析・認証コード設定」があります。

そこにある「ヘッド用コード」に、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

ここで注意するのは、「ヘッド用コード」に貼り付けるのであって、"ヘッダー用コード"ではありません。お間違いのないように!

コードを無事に貼り付けたら、下部にある「変更をまとめて保存」をクリック。

403エラーが出たときの対処法

審査用コードを貼り付けて「変更を保存」したら、こんな画面が出て、ちょっとビビりました。

私が使っているサーバーはロリポップなのですが、調べると、ブログを守る為にセキュリティみたいなものが働くようです。

(ざっくりな説明でごめんなさい。詳細は省きます。知りたい方は調べてみてね(^^;)

では、一時的にそのセキュリティを解除します。

ブログとは別のウインドウで、ロリポップにログインします。

ユーザー専用ページ→セキュリティ→WAF設定に移動します。

そして、対象ドメインの設定変更を「無効にする」をクリック。

設定が変更されるまで5~10分ほどかかるようです。

ここまで一気にきたので、コーヒーでも飲んでひと休みしましょう♪

時間を置いたら、先ほどの403エラーに戻ります。(ロリポップの画面は開いたままにしておいて下さい。)

戻るボタン(←)で先ほどの「その他のアクセス解析・認証コード設定」に戻り、再度ヘッド用コードに審査用コードを貼り付けて「変更を保存する」

すると、下記の画面が出てきました。(Aという文字が写り込んでいますが、気にしないでください…。)

チェックを入れて、「このアクションをホワイトリストに追加」をクリック。

再度、審査用コードをヘッド用コードに貼り付けて「変更を保存する」。

「設定は保存されました。」の表記が出たら、審査用コードの貼り付け完了です!

※ロリポップのWAF設定は、ここで「有効にする」に戻しておきましょう。戻したら、ロリポップの画面は閉じてOKです。

アドセンスに審査用コードの貼り付け完了を知らせよう

別ウインドウで開いたままになっているアドセンスに戻ります。

サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れたら、「完了」をクリック。

すると、以下のような画面になりました。

ここで、別ウインドウでメールボックスをチェック。

アドセンスからのメールが届いています。

メール内の「有効にする」をクリックしましょう。

すると、以下のような画面に。

これでアドセンスの申請は完了しました。

あとは、結果を待つだけ!おつかれさまでした。

まとめ

今回は、 2019年版アドセンスの申請方法【Cocoon編】についてご紹介しました。

これからアドセンスに挑戦する方は、この記事を見ながら申請していただければと思います。

参考になれば幸いです。

皆様の元にも合格メールが届きますように☆

以上、えっこからでしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました