傷ついた心を自分で癒し元気を回復させる方法

エモーショナルファーストエイド

誰かに傷つけられて、とても落ち込んでしまったときはどうしたらいいか?

そんな時は、「エモーショナル・ファーストエイド」という方法が効果的です。

実際に試したら、本当にメンタルが回復して、気持ちもスッキリさせることが出来ました。

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

傷ついた心を自分で癒し元気を回復させる方法

こんにちは、えっこ( @ecco_chaaaaan )です。

先日、子ども絡みのことでひどく落ち込むことがあり、しばらく立ち直れませんでした。

この塞いだ気持ちをどうにかしたくて色々調べていると、「エモーショナル・ファーストエイド」というものを発見!

自分で心を手当てする方法、ということですね。

実際に試してみました。

自分で心を手当てする「エモーショナル・ファーストエイド」とは?

ざっくり言うと、このような方法です。

①自己否定を否定しよう
➁良いところを書き出そう
③所属しているコミュニティで会話しよう
④数をこなして拒絶に慣れよう
⑤ペットと暮らそう

どうでしょう?簡単ですよね。

そして、全て行なわなくても、上記の①と➁をしただけで、元気の90%は回復したと感じました。

そこで今回は、今すぐ出来る「①自己否定の否定」「➁良いところを書き出す」を詳しくご紹介していきます。

紙とペンをご用意くださいね。

自己否定を否定しよう

まずは、自己否定の否定です。

自己否定の否定とは、

今感じている自己否定を書き出し、それに対する反論を3つ書く。

というもの。

〈具体例〉

私の場合は、このように書きました。

1.話を聞いたときに、上手く自分の気持ちを言葉に出来なかった。
→ 物事をじっくり頭の中で考えることができるということだ。
2.自分の意見が言えなかった。
→ 人の気持ちを察することが出来るからだ。
3.親として情けないと感じた。
→ 子供は失敗するもの。学びの途中だから親のせいというばかりでもない。

今感じている強い否定の気持ち。

でも、見方を変えれば、悪いことばかりではないと、気づくことが出来ますね。

良いところを書き出そう

次にすることは、

自分の良いところを5つ書き出す。

ことです。

出来れば、"起こった出来事に関連した"自分の良いところを書き出すほうが良いです。

〈具体例〉

私の場合は、このような感じです。

1.素直に親として反省できた。
2.子どもにも「~ と聞いたんだけど、そうだったの?」「~についてどう思う?」と冷静に話し合えた。
3.頭ごなしに否定しなかった。
4.反論しないで人の意見を素直に聞けた。
5.聞き上手な自分でいられた。

5つ出てこなくてもいいし、6コでも7コでもいいです。

とにかく自分を肯定することが大事。

これだけでも、だいぶ気持ちが晴れました。

逆に心が傷ついたときやってはいけないこと

傷ついて落ち込んでいる時、やりがちだけどやってはいけないNG行動もあるので、ご紹介します。

それは、「他人に話すことで傷が深くなる場合がある」ということです。

人に話してスッキリしたい、という人がいます。

共感・肯定してくれるならいいのですが、話の内容によっては、否定される可能性も。

そうすると、心の回復を図るはずが、逆に傷ついてしまい、ますます落ち込みかねない。

”もう誰も信じない”

”もう誰とも会話しない”

”自分はダメな人間だ”

”誰にも認められない人間なんだ”

そういった悪循環に陥ることもあります。

その痛みは、麻酔なしの分娩や、がん治療の痛みに相当すると言われているそう。

メンタルが弱っている時は、話を聞いてもらう前に、肯定してくれる人かどうか、話の内容はどうなのか、一度考えてから口にする必要があるかもしれませんね。

まとめ

初めて知ったときは、正直なところ、こんなことで元気になれるのか半信半疑でした。

しかし試してみると、とても気持ちがスッキリして、「自分にとって必要なことだから起こったんだ」とまで考えられるようになりました。

誰かに傷つけられて、とても落ち込んでしまったとき。

自分で心を手当てする「エモーショナル・ファーストエイド」は本当に効果がありました。

特に、「自己否定の否定」と「良いところを書き出す」ことは、メンタルを回復させるのに、抜群の効果を発揮しますよ!

ぜひ試してみて下さい。

以上、えっこからでしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました