親も子も楽しい!上手な絵本の読み方のコツ

上手な絵本の読み方のコツ

こんにちは!

えっこ(@ecco_chaaaaan)です♡

子育てでは、よく「絵本の読み聞かせが大事」と言われます。

でも、

  • 「こんな読み方でいいの…?」
  • 「そもそも声を出して読むことが苦手」
  • 「なんか反応も薄いし、全然楽しくない。」

そう思っている方も少なくないようです。

そこで今日は、家庭でも出来る親も子も楽しくなる上手な絵本の読み方のコツを5つご紹介しようと思います。

「えっこ先生の読み聞かせは、聞きやすいし、子どもも集中して見てるよね。」と褒められることがあります。

自分なりに絵本の読み方で気を付けていることがあって、それがもしかしたら、子どもを引き付けるコツになっているのかも、と思いました。

もちろん、読み方に正解なんてありません。

でも、読み聞かせの時間があまり楽しくなかったり、何か読み聞かせのコツが知りたいと思っているなら、お役に立てるかもしれません。

良かったら参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

絵本は字を読んであげるのが全てではない

絵本の楽しみ方は、実は色々あるんですよね。

  • 絵が変わる楽しさ
  • 繰り返しの簡単な言葉
  • 言葉のリズム
  • 本をめくる楽しさ

耳で聞くだけじゃなくて、目でも楽しめるし、触れた感触でも、子どもにとっては面白いもの。

別にストーリーがわからなくてもいいし、出てくる絵の名前を「○○だね」と教えてあげるとか、自由にめくらせてあげるとか、そんな楽しみ方でも全く構わないと思います。

きちんと音読してあげることだけにこだわらず、自由に、適当に、力を抜いて、絵本をコミュニケーションの道具として捉えたら良いんじゃないかと思います!

抑揚をつけて読んでみよう

よく‐よう〔‐ヤウ〕【抑揚】

話すときの音声や文章などで、調子を上げたり下げたりすること。イントネーション。「抑揚をつけて話す」「抑揚のある文」

引用:コトバンク

一般的に、絵本は淡々と読む方が良いと言われているんですが、私は、けっこう抑揚をつけて読む派です!

特に、年齢が小さければ小さいほど、抑揚をつけて読むのがいいんじゃないかと感じています

絵本を淡々と読む方がいいのは、「読み手の感情が入るから良くない」という理由からのようです。

でも、字を追っただけの読み聞かせって、途中で飽きちゃって本から離れちゃうんですよ。

聞かされている子どもにとっては、面白みもないし、退屈なんじゃないかと思うんですね。

大げさにしなくてもいいけど、抑揚をつけて楽しく読むほうが、子どもの反応も良いなと感じています♪

ページをめくる前に間を置いてみよう

ページをめくるときの「間」って、考えたことありますか?

実は、次のページへ移る一瞬の間にも、子どもの頭の中では、今までのストーリーを整理したり、色々な感情を感じていて、すごく大事な時間なんです。

そして、その「間」も含めて読むのが、上手な読み聞かせなんだそう。

そんな話を聞いてから、私も、すぐ次のページを開かずに、間を意識するようになりました。

ストーリーに合わせて、次のページをゆっくりめくったり、時には、早くめくったり!

読むときには、そんな「間」もぜひ意識してみてください。

自分の感想は挟まないようにしよう

読んでいる最中、つい主人公の気持ちになって、「痛いねー」とか「寒そうだね」などと子どもに語り掛けてしまうときがあると思います。

ですが、これはNGな行為なんだそうです。

なぜなら、子どもに自分の感情を押し付けているのと同じだから

例えば、主人公が、転んで泣いている場面があったとしても、「痛そう」の他に、

「どうして転んでしまったのかな?」

「どうしたら防げたかな?」

みたいに考えているかもしれないんです。

子どもが、自分と同じ感じ方をしているとは限りません。

子どもから言ってきた言葉に共感するのはいいと思うけど、

こちらからの一言は、子どもの発想力をつぶしてしまうことがあるかも…!

そういうわけで、読んでいる最中には、極力感想を挟まないようにするのがいいと思います。

えっこ

感情を共有するのは、読み終わったあとで♡

抑揚はつけるけど、感想は挟まないように心がけています。

裏表紙もストーリーの一部なんです

意外と見落としがちなのですが、実は裏表紙も、ストーリーの一部になっていることがあるんですよ♪

絵本の話のその後が書いてあったり、表紙と裏表紙が1枚の絵でつながっているものもあったりして、裏表紙、意外と侮れないんです!

裏表紙も含めて読んでみると、発見できることもあったりして、楽しいですよ♡

次からは、手に取った絵本の裏表紙も、一緒に見てみて下さい。

まとめ

ということで、今回は、家庭でも出来る親も子も楽しくなる上手な絵本の読み方のコツを5つご紹介しました。

①絵本は色々な楽しみ方がある
➁抑揚をつけたほうが子どもの反応はいい
③ページをめくる前に間を置こう
④自分の感想は挟まないでおこう
⑤裏表紙もストーリーの一部

読み聞かせに正解はないんですけど、研修で学んだり、自分の経験から、こんな考えに至りました。

もし、読み聞かせのコツを知りたかったり、あまり得意ではないときには、参考にしていただけると嬉しいです。

以上、えっこからでしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました