専門家に聞いた!言葉の発達を促す為に家庭で出来ること4選

言葉の発達を促すアイキャッチ画像

子どもが言葉を話せなくて心配な場合、家で何か出来ることはないのか?

そんな時は、普段の生活で、「吹く・吸う・噛む・舐める」ことを心がけると良いですよ!

保健師さんや言葉相談室の先生によると、これらが口の動きを良くし、お話が上手になることにつながるそうです。

詳しくご紹介しますね。

言葉の発達を促す為に家庭で出来ることとは?

こんにちは!
二卵性双生児の母、えっこ( @ecco_chaaaaan )です^^

我が子の言葉がなかなか出てこないと、心配になりますよね。

  • 単語しか言えない。
  • 指差し、「うー」などと言って意思を伝えてくる。
  • 話しかけを意識しているが、なかなか変化が見られない。

特に、入園などで集団生活を控えていると、ちゃんとやっていけるのか不安ですよね。

そこで、家でも簡単に出来る言葉の促し方の工夫を、専門家(保健師さん、言葉相談室の先生)に聞く機会があったのでシェアします。

言葉は、口の筋力が原因の一つであったりするそうです。
なので、普段の生活、特に食事の時間や遊びの中でちょっと工夫をすると、口の動きが良くなって、お話が上手になることがあるそうですよ♪

それでは、具体的にご紹介しますね。

「吹く」遊びをする


・長く吹く
・強く吹く
・静か吹く
など。
色んなバリエーションを遊びに入れると、遊びながら口の運動が出来るので良いそうですよ。

「吹く」遊びの例

・ピンポン玉(ラインを引いて競争する)
・袋の中に小さく切った色紙を入れストローで一気に膨らませる
・コップの水をストローでブクブク
・笛や鍵盤ハーモニカを吹く
・にらめっこ(あっぷっぷ)
・バルーン風船を作る
・シャボン玉遊び
・まきぶえ(5数え終わるまで吹き続ける)
・フエガム(飴やラムネもありますね。吸っても音が出ます。)

「吸う」遊びをする

下記の具体例も、遊びながら口の運動を促すことが出来ると思いました。
競争したり、褒めてもらえると、盛り上がって楽しくなりそうですね♪

「吸う」遊びの例

・色々なストローで飲む(くるくる巻きのストローや温度で色が変わるストローで楽しく飲む)
・小さく切った色紙をストローの先に水つけて取る(箱を用意して競争で運び入れるのも〇)

噛む回数を増やす

食事の時間も、口腔機能の発達には大事な時間。

食事やおやつは、急がずゆっくり。
牛乳やスープなどの水分は、中の物を飲み込んでから飲むように。

とはいえ、言ったからといって、すぐ出来るわけではありませんが、根気よく教えていくことが大切なんだそう。

「一口30回」は、大人にも当てはまると言われていますよね。お手本を見せることからかな?

「噛む」を促す具体例

・おやつの内容は柔らかいスナック菓子やジュースより、歯ごたえのあるおせんべいやりんごなどを選ぶ
・ガムを冷蔵庫で冷やし固くして食べてみる
など

よく舐める(舌を動かす)

こちらも、普段のご飯やおやつを工夫することで出来る口の運動です。

「舐める」を促す具体例

・おやつ後の皿や、アイスの蓋を舐める(さらにチューブチョコやクリームなどを塗って舐める)
・ポッキーのチョコを舐めてから食べる
・舌を思いっきり出し、舌先にたまごボーロをつける(そのまま5秒待ってから食べる、舌につけたまま出したり引っ込めたりして遊ぶ)
・ミルクせんべいなどを上顎に貼り付け、舌で剥がす
・変わり玉を舐めて色が変わったのを見せ合う
・味付海苔を口の周りにくっつけ、舌でとる

食事のマナーという点では、悪いことも含まれています。
やっていいのはその時だけ、というのをしっかり伝えてくださいね(^^;
外でやることのないように…

まとめ

普段のご飯やおやつ・遊びをひと工夫するだけで、口の運動になり、お話が上手になることがあります。

ポイントは、

  • 吹く
  • 吸う
  • 噛む
  • 舐める

を意識することだそうですよ♪
食事の後は、ぶくぶくうがいも忘れずに!

良かったら、参考にしてみてくださいね。

以上、えっこからでしたー!

タイトルとURLをコピーしました