0歳児が喜ぶ絵本の選び方とおすすめ20冊を保育士が教えます!

(0歳編)おすすめ絵本と選び方のポイント

こんにちは!

えっこ(@ecco_chaaaaan)です♡

今回は、保育士である私が、今までの経験から、0歳の子どもが喜ぶ「絵本の選び方とおすすめ絵本20冊」をご紹介します。

  • 0歳の子に絵本を読んであげたいけど、どんなものを選んで良いのかわからない。
  • 言葉もまだわからないし、絵本なんて楽しめるのか疑問…
  • 出産祝いにプレゼントしたいけど、どれがいいの?

そのように思っている新米パパママや、読み聞かせに携わっている方には、特にお役に立てるのではないかと思います。

まず、絵本選びで気を付けたいポイントは3つ。

1.繰り返しの言葉が入っている
2.はっきりした絵とカラフルな色使い
3.ボードブックという厚みのある本で出来ている

言葉・絵・素材」がポイントです。

この記事の後半で、0歳の子に喜ばれるおすすめの絵本も合わせてご紹介します。

どうぞごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

0歳児の絵本の選び方のポイントは3つ

絵本を読んであげるときは、先ほどご紹介した「言葉・絵・素材」。

この3つに気をつけると 、興味を持って見てくれることが多く、言葉のわからない0歳の子でも楽しめます。 

繰り返しの言葉が入っている

赤ちゃんは、繰り返しの言葉が大好きです。

ワンワンやドンドン、キラキラやふわふわなどの表現が良い例ですね。

出来るだけ短い単語や文章のほうが、赤ちゃんにはわかりやすいです。

読み方によって、印象が全然違ってくるのも、絵本の面白いところ。

たとえ言葉の意味がわからなくても、雰囲気で楽しめるのではないでしょうか。

はっきりした絵とカラフルな色使い

絵がごちゃごちゃあるよりも、単純だったり、線がしっかりしているものが、視力の発達途中の赤ちゃんには見えやすいと言われています。

色も、赤や青、オレンジ、黄色と、はっきりした色が見えやすいとのこと。

ついつい、優しくパステルカラーのような淡い色合いを選びがちですが、月齢が低いと見えていない可能性もあるということですね。

ボードブックという厚みのある紙で出来ている

ページをめくったり、素材の感触を味わってもらうなら、ボードブックという厚みのある紙で出来た絵本がおすすめです。

紙の絵本だと、ビリビリ破いてしまったり、すぐ食べちゃうので口の中に入ったりしてしまいます。

本によっては、ボードブックになっていないものもあるのですが、0歳に人気の絵本は大体出版されています。

もし、紙バージョンしかないのなら、普段は手の届かないところに置いておき、触らせる絵本とは別に扱った方が安心です。

0歳児が喜ぶおすすめの絵本20選

選び方のポイントをお話ししましたが、具体例もあった方が分かりやすいと思うので、ここからはおすすめの絵本をご紹介していきます。

今までの保育や子育て経験から、子どもの反応が良いものを厳選して20冊選びました。

ファーストブックにもオススメ!

ぜひ参考にしてみてください。 

繰り返しの言葉が楽しめる絵本

赤ちゃんの大好きな繰り返し言葉。たくさん詰まった本を10冊ご紹介します!

1.だるまさんが

「だ・る・ま・さ・ん・が・・・」と言いながら、だるまさんの動きに合わせて身体を左右に動かすと楽しいです。

他にも、「だるまさんの」「だるまさんと」が展開されています。

スキンシップを楽しみながら盛り上がれる1冊です。

2.もこもこもこ

「もこ」や「にょき」などの、子どもが好きな擬音語で構成された絵本です。

大人が読むと、意味が分からずハテナが付く本ですが、子どもには、絵の雰囲気やポコポコ出てくる様子などが楽しいようです。

間を取りながら読んであげるのがおすすめ。昔からのロングセラー本です。

3.もけらもけら

「もけら もけら」「でけ でけ」と、不思議な言葉と絵で構成されている絵本です。

この本も、大人はよく分からないという感じなのですが、子どもの心をつかむようです。

語尾を上げたり下げたり、ちょっと声色を変えてみたりするのが良いかも。

4.ころころころ

色玉が転がっていく様子を描いた絵本。

「ころころころ」しか出てきませんが、階段を下りていく様子や坂道を頑張って登る様子など、場面ごとに抑揚をつけて読むと、より楽しんで見てくれると思います。

5.じゃあじゃあびりびり

赤ちゃんにとって身近なものが、音と共に楽しめる絵本です。

身近で簡単な言葉ばかり。絵も単純です。

子どもによって好きなページが分かれるのも楽しいところ。

お水を触るのが好きな子は「じゃあじゃあ」、汽車が好きな子は「カンカン」など。 

どのページが好きかな?

6.いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

はっきりとしていてカラフルな色使いの絵本。

内容も、「しましま」と「ぐるぐる」だけ。

赤ちゃんが注目すると言われている色と単語を集めたんだそうです。

赤ちゃんでも凝視したり、空いている穴に指を入れたりと、乳児さんでも楽しめるオススメの一冊です。

7.いっしょにあそぼ あかあかくろくろ

しましまぐるぐるはカラフルなのに対し、この本は、ほとんどが黒・赤・白の色使い。

まだ視力がはっきりしていない赤ちゃんでも楽しめます。

この本も、ストーリーがあるわけではなく、色の変化を見て楽しむ絵本です。

初めての絵本としてオススメ。

8.ごぶごぶ ごぼごぼ(こどものとも0.1.2シリーズ)

擬音語と丸で構成されている絵本。

色もはっきりとしていて、空いた穴を触りながら見ることが出来ます。

擬音語は、自由に音を表現するのがオススメ。

この本の他にも、「こどものとも0.1.2シリーズ」には、たくさんの良書がありますよ。

9.もいもい

「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」シリーズのうちの1冊です。

大学教授が作家さんに協力してもらい、絵を見せたり音声を聞かせたりして、赤ちゃんの反応が良かったものを絵本にしたんだそう。

赤ちゃんにもわかりやすいはっきりとした色のイラストと、「もいもい」「ももーい」といった擬音語が中心で、よく見てくれる子も多い。

ちなみに、「もいもい」はフィンランド語で、あいさつの一つなんだそうです。

10.くだもの

くだものの名前と「さあ、どうぞ。」だけ。

でも、「おいしい」とか「どうぞ」を覚えられる良いきっかけになる絵本。

絵がきれいなだけではなく、大きさもほぼ忠実に描かれているのがポイント。

リアルさを大事にしていて、ちゃんとくだものを切って見せているところがあるのも、作者さんのこだわりが感じられます。

子どもと一緒に遊べる絵本

コミュニケーションやスキンシップが取れる絵本を5冊ご紹介します!

11.あっぷっぷ

「に~らめっこしましょ あっぷっぷ~」と、誰もが知っているわらべ歌で読める絵本。

歌に合わせて読み進めると、動物やお母さんの面白い顔が出てきます。

にらめっこの意味がまだわからない赤ちゃんでも、遊びながら読むことができる1冊です。

12.いないいないばぁあそび

赤ちゃんが大好きな「いないいないばあ」の絵本です。

いないいないばあを題材にした絵本はたくさんありますが、見開きで大きく描かれていたり、しかけが楽しいので、個人的にはこの本が一番面白いと思います。

小さめサイズのボードブックもあり、そちらは持ち歩くのに便利。

親子で遊んで楽しいオススメの一冊です。

13.どうぶついろいろかくれんぼ

カラフルでわかりやすいイラストで、色・動物・その動物の鳴き声が楽しく学べる絵本。

その上、なんと英単語まで。

読み聞かせしやすく、楽しく子どもと学べる本です。

ボードブックで、お出かけにも便利なサイズ。

14.なーんだ なんだ

絵が大きくて、リズムよく読める絵本。

色が赤・白・黒と、赤ちゃんが喜ぶ配色になっています。

文字も少なく、本を手に取ってお気に入りにしているお子さんを何人も見てきました。

子どもたちに人気の絵本です。

15.ふわふわだあれ?

動物たちのおなかやしっぽに、ふわふわの布が付いていて、その感触が楽しめる絵本。

絵も可愛いので、見ても触れても癒されます。

最初は動物の顔が見えず、めくると分かるという、いないいないばあ的な要素も入っています。

親子で遊びながら見ることの出来る絵本。

ストーリー性のある絵本

繰り返し要素がありながらもちゃんとストーリーになっている、そんな絵本を5冊ご紹介します!

16.がたんごとんがたんごとん

「がたんごとーん がたんごとーん」と汽車が色々なものを乗せていくお話です。

汽車に乗るものが、身近なものばかり。

顔もついてて、絵がとてもかわいいです。

がたんごとんの繰り返しの言葉が楽しい、子どもに喜ばれる絵本。

17.どんどこ ももんちゃん

「どんどこ どんどこ」の繰り返しの言葉が沢山出てくる絵本。

ももんちゃんも可愛いです。

ストーリーに合わせて、リズミカルに読むと、子どもの興味を惹きやすいです。

ももんちゃんシリーズは毎年出版されているので、集めるのも楽しいかも。

18.たまごのあかちゃん

繰り返しのフレーズが頭に残りやすい絵本。

リズムに乗って読むことが出来るので、子どもも興味を持ちやすいです。

明るい色合いや、太い線になっているのもGOOD。

長く読んでいける絵本の一つ。

19.やさいさん

毎回出てくる「すっぽーん」という言葉が子どもに大人気。

しかけ絵本で、身近な野菜が題材になっています。

繰り返される言葉のリズムももちろん良いのですが、土を掘ると野菜が出てくるというイメージも出来て、食育にもつながるのではと思います。

20.くだものさん

言葉の繰り返し絵本ですが、顔がユニークで面白いです。 

折り込みページを開く楽しみもあり、0歳の子でも十分楽しめる1冊。

柿が落ちる時に、枝に少しだけ茎の部分が残っているなど、細かいところもこだわられていて大人も楽しめる絵本です。

まとめ

今回は、0歳の子どもが喜ぶ「絵本の選び方とおすすめ絵本20冊」をご紹介しました。

絵本選びで気を付けたいポイントは3つ。

1.繰り返しの言葉が入っていること。
2.
はっきりした絵とカラフルな色使いであること。
3.ボードブックという厚みのある本であること。

言葉・絵・素材」がポイントでした。

紹介したおすすめ絵本は、あくまで個人が考える一例です。

この記事を参考に、お子さんの反応を見ながら、たくさんの絵本に触れてコミュニケーションを取ってもらえたらと思います。

ぜひ親子で楽しい絵本ライフを☆

以上、えっこからでしたー!

 

もっと探してみたい方は
「絵本ナビ」がおすすめ!

絵本製作の裏話や、
ここでしか買えないキャラクターグッズも♡
絵本ナビを見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました