【毎日苦痛】料理苦手な主婦が料理嫌いを簡単に克服できた2つの方法

料理苦手アイキャッチ画像

料理が苦手だけど、毎日自炊をしなければならない主婦はどうしたらいいのか?

そんな時は、「ご飯作りのとあるルール」を決めると、簡単に作ることが出来るようになります。

実際に、このルールを決めたところ、料理へのハードルが低くなり、毎日楽に取りかかれるようになりました。

それでは、ご紹介したいと思います。

料理苦手を克服したご飯作りのルールは2つ

こんにちは、えっこ( @ecco_chaaaaan )です。

ご飯作りって、毎日毎食のことだから大変ですよね。

私は、料理が苦手なので特にそう感じます。

作りおきも流行っているけれど、どこかでまとまった時間を取らないと、結局用意出来ないので、続きませんでした。

しかし、ご飯作りのマイルールを作ったことで、やっと少し、気楽にご飯作りを出来るようになりました。

もし毎日のご飯作りが嫌々だったり、しんどさを感じている方には、参考になるかもしれないので、ぜひ読んでみて下さい。

一汁一菜でいい

これは、土井善晴先生が、ご自身のTwitterで次の記事を紹介されていたのを見て、「これでいいんだ!」と驚いたことが発端でした。

一汁一菜でよい!土井善晴さんが提案する家族のための愛情レシピ
「料理は愛情」そんな言葉に縛られ辛くなっていませんか?確かに、家族のために愛情のこもった料理を作ること、一人暮…

一汁一菜とは、「主食+汁物+おかず」という組み合わせです。

主食→白米、パンなど
汁物→味噌汁、スープ、シチューなど
おかず…肉、魚、卵料理など

野菜は、汁物にたくさん入れれば、それだけでOK。

これなら簡単で、忙しいときでも30分くらいで作れます。

それほど時間がかからないので、取りかかるハードルが低くなりました。

また、余力があれば、もう一品作ることも出来るように。

味付けの公式を覚える

レシピ本を見ると、たくさんの調味料を使うことも珍しくありません。

でも、何をどれだけ入れたらいいのか、なかなか覚えられないんですよね。

それが、更に「料理って面倒…」という気持ちを倍増させます。

料理苦手なズボラさんは、シンプルが一番!

・塩
・塩こしょう
・しょうゆ+砂糖
・酢+砂糖

最近では、基本的に味付けはこの4パターン。

あとは、作るものによってアレンジを加えます。

  • 和食→だしをプラス
  • 中華→ごま油をプラス

みりんと料理酒は、このように使います。

  • みりん→甘味、照りが欲しいときに使用
  • 酒→魚の臭みを消したい、まろやかにしたいとき

みりんと料理酒は、なくてもそれなりの味にはなるので、気分で省略することも多いですが…。

このように、味付けの公式のようなものを作ると、とても楽に食事の用意が出来るので、おすすめです!

まとめ

「毎日苦痛だったご飯作りが、簡単に続けられるようになったコツ」は、

・一汁一菜で良い。
・味付けの公式を覚える
(塩、塩こしょう、醤油+砂糖、酢+砂糖など)

この2つです。

料理は、「切って→熱を加えて→味付けするだけ」の簡単な作業です。

得意な人から見たら、ヒドイ…!と感じる部分もあるでしょうね。

でも、料理苦手なズボラさんには、これくらいハードルを低くすることが自炊を続けられるコツ。

食堂でお金を取ってお客さんに提供するわけではないので、家庭料理はこんな感じでも良いのではないかな、と思います。

良かったら、参考にしてみてくださいね。

以上、えっこからでしたー!

タイトルとURLをコピーしました